Remote Tadoku 「入門コース」も3回目。
レッスンはシャドウイングでの口慣らしから始まりました。

Hitomi先生の「シャドウイングで大事なことは?」の問いかけに、メンバーからは

「止まらないこと」
「わからなくてもマネすること」

と、優等生のお答え!

漠然とレッスンを受けているのではなく積極的であることが、画面の向こうから伝わり嬉ししいです。

全員でシャドウイングをしたり、個別に取り組んだりする中で、今後、気をつけたいポイントのアドバイスを各自もらいましたね。回数をこなすうちにできていくことも多いはず。この調子で進みましょう。

宿題の課題の取り組み方を確認しつつ、アニメを視聴した後は、さあ、本日のメインイベントです。

「先輩メンバー」が今回もトップバッター。そのお手本をもとに、「入門コースメンバー」もこの一週間で読んだ本の中から、一冊を選んでBook Talkをしました。

最年少、しかもBook Talk初体験のメンバーも「こんなとき、皆さんだったらどうしますか?」と、いい質問を投げかけていて、先輩たちのBook Talkの様子からコツを吸収している姿が見られました。

「仲間の存在」

は偉大。

そして、Yuko先生からは、

「本と会話をしてほしい。」
「正解はないから『なぜ、こうなったんだろう?』って考えてくださいね。」

のアドバイス。
皆さん、とっても順調な滑り出しです。

See you again next week! 【Kikko】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA