ブックトークがとても心地よい時間となっているこのクラス。

その魅力の要因は何なのか考えてみました。たくさんあると思うのですが今回は二つ書いてみます。

 

ひとつには、本を心から楽しんで、本と対話をしながら読んでいることが伝わること。

もうひとつは、選書の際にクラスメートの顔を思い浮かべていることではないかと思います。

 

今日、Aさんが紹介してくれた本は、先週Bさんが絶賛していた本の同じシリーズ。Bさんのためにと思って選んでいるうちに、自分も夢中になりその世界に入りたくなったとAさんは話してくれました。その話を聞いていたBさんは満面の笑顔。Kikko先生にとってもお気に入りの本で、読み終わったあとにすぐ最初から読み返したくなるお話だということでした。

 

このようなやり取りを続けていることで、元々みなさんが持っている「共感力」がさらに育まれているのを感じています。

 

レッスン後半は初見の本を一緒に読みました。こちらも活発に意見や感想が飛び交いました。一人で読むと気付かないような発見もありましたね。

 

宿題の冊数を自分で決めて終了。

 

See you next week!

 

(Shinobu)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA