Remote Tadokuオンライン多読スクールは、小学生コース開講にあたり無料体験会を開催しました。

10月吉日、全国各地からZoomのお教室に集まった参加者は、小1から小6までの男の子3名、女の子2名。みんな、ちょっと緊張していたかな?

お名前と住んでいるところを教えてもらってから、最初は「キッズタイム」。

早速Yuko先生とレッスン開始!

「あのね、このレッスンでは最初はあんまり英語を使いません!」が、Yuko先生のごあいさつでしたね。「え?英語のレッスンなのに、英語を使わないの?」ってちょっとびっくりしたかもね。あれ?なかには「あー、よかった!」ってちょっとニッコリした子もいるね(笑)。

どっちでも大丈夫。だって、みんなは「これから」英語を読めるようになったり、話せるようになったりするためにここにいるんだから。

「みんな、まずは、英語の絵本の絵をよーく見て、気づいたことを教えてね!ここはおうちのお庭かな?公園かな?学校の校庭かな?おうちだと思ったら、指で1を、公園だと思ったら2!そして校庭なら3の数字を作って見せてね!せーの!」

あれー。いろんな数字が見えますね。

「正解は、ちょっと後回し。これから絵本を見ていくうちにわかるからね!」

という感じで、まずは絵本の絵をよーく見ながら、その場面についてみんなが気づいたことを教えてもらいました。最初は遠慮がちだったメンバーも、次々と手が上がります。

こんな感じで一冊の絵本をたっぷり味わったあとは、Hitomi先生からの絵本についてのクイズタイム。「えー!まさかそんな質問が来るとは!」でしたね。みんな大笑いのなか、キッズタイムは終了。

続いての「ペアレントタイム」では、Hitomi先生から「英語多読とは?」についての説明が、Yuko先生からは「実際にレッスンが進むとどんな力が身につくのか?」の紹介もあり、画面の向こうの保護者の皆さん、大きくうなずいたり、画面をじっくり眺めながらお話に聞き入っていらっしゃいましたね。

今回の体験会はこんな感じで、実際のレッスンの雰囲気をこどもたちに味わってもらい、保護者の皆さんには「英語多読」の理論的な背景や有効性について理解していただく形で進めました。参加してくださった皆様、ありがとうございました♪

reported by Kikko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA