今回はRemote Tadoku の英語多読レッスンを体験するため2名の方が参加でした。

簡単な自己紹介の後、全員で「文字がない絵本」をながめて

「絵を読む」

ことからレッスンスタート。

体験レッスン参加の方も積極的に発言をしていて頼もしかったです(^^)

「本を読む」って「字面を追う」と同じではないことが実感できたでしょうか。

シャドーイングで口慣らしをした後は、いつものメンバーによるBook Talk。

それぞれが、本の紹介のみならず「多読と自分」のプチプレゼンのような出来で講師一同びっくり!!

・内容、ストーリーはもちろん、日本と違う背景を本を通じて自分で調べる楽しさ

・絵本から学べる魅力

・使っている電子書籍が楽しい。ページをめくるごとに「次はこうなるかな?」と想像している。それでだんだん想像力がついてきた。

などなど、先週、「次のレッスンでは体験参加者の方が来ますよー」のアナウンスだけだったんですが、Remnote Tadokuのレッスンの内容について、「そうそう!」というポイントを見事に解説してくれました。

体験レッスン参加の方にも同世代の実践者の言葉は「心にしみた」と思います。

英語力はもちろん、「自分の考えを人に説明する力」が育っている姿がまぶしかったです♪ 【Kikko】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA