毎回のBook Talkで、特に会話が盛り上がるのは、各自の「体験」と「本」がリンクしている瞬間です。今回、メンバーが紹介してくれた本も「自分の体験」から共感ポイントが生まれている様子を感じました。

「この本は冬を惜しむ本です。」

なんてステキな表現も飛び出しましたね。

聞き手が「この本を読んでみたい」と思えるような紹介ができるのは、上っ面だけでなく、本を味わっている証拠です(^^)v

一方、Yuko先生がBook Talkで紹介してくれた本は、Hitomi先生から同じ本にまつわる素敵なエピソードも加わり、広く愛されている一冊なんだということもわかりました。

レッスン後半は、「世界のバレンタイン・デイ」のお話。動画や画像などから、日本とは一味違う世界の様子のイメージが広がったことと思います。

読書からスタートしていますが、動画や画像を利用する方法もレッスンを通じて身につけています(^^)【Kikko】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA