「レッスン時間がすべてではない」が、Remote Tadokuで大切にしていることの一つです。

楽しく英語読書、英語多読を続けることができるように、
毎回のレッスンで「個別ミーティング」を行っています。
zoom のBOR機能を生かして、ひとりひとりと丁寧にお話しすることで、
「どうしたらもっと楽しめるかな?」を講師が考えるヒントをもらっています。

そんな個別ミーティングの中で、今日も嬉しい報告がありました。

Remote Tadoku の英語レッスン受講前には、英語を読むことにちょっと苦手意識があったAさん。
受講開始数ヶ月後の、今日のミーティングで次のようにお話ししてくれました。

「なんとなく、英語が吸収されている感じがします。

あ、また出てきたこの単語!

そんな風に、別の本で出会うと単語の意味がわかる。
気になった単語は「これなんだろう?」と印象に残っているので、
その単語に再会すると、「あ!わかった!」とスッキリします。」

うんうん、とってもいい感じ。

最近取り入れた新しい試みも励みになっている様子ですね🤗

Bさんからも「この方法は、やる気になる!」と好評でした。

レッスンの後半では、「味変(あじへん)」的な読書の方法もご紹介。
その読書の感想について、次回みんなとお話ができることを楽しみにしています♪

メンバー随時募集中♪
お問い合わせは「体験レッスン」からどうぞ😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA