Book Talkは、今回講師陣も参加しました:やっほー:

読んだ本を「紹介する」とは、内容について自分の言葉で、
本から受けた印象や感想を説明すること。

例えば、、

「なんか、よかった」
「面白かった」

この説明は、どうでしょう?

どんな本なのか、、、聞き手は「?」で取り残されてしまいます。

また、「あらすじ」だけを延々と語られてしまうと、
その本を読む「楽しみ」が奪われてしまうことになります。

じゃあ、どうしたら伝わるかな?ということを考えつつ行うBook Talk。

リモート多読の生徒の皆さんはいつもとても自然にBook Talkをしています。
ですから「そんなものだよね!」と当たり前のように感じていましたが、、、、

講師陣、実際自分たちが参加してみると、、、、意外と難しい:苦笑い:ことを再発見!

生徒の皆さんから学ぶことが、本当にたくさんあります:ダブルハート:

だんだん、生徒と講師陣の「垣根」がなくなってくる心地よさも感じます。

来週もBook Talkを楽しみにしていますね:やっほー:

メンバー随時募集中♪お問い合わせは「体験レッスン」からどうぞ😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA